企業・グループ情報企業・グループ情報

ABOUT企業・グループ情報

SCROLL
トップメッセージ経営理念ビジョン次期中期経営計画に関して全社戦略会社情報グループ概要沿革コンプライアンス

CEO MESSAGE
トップメッセージ

環境適応力を高め、
持続的成長を実現する
ホッカンホールディングス株式会社
代表取締役社長池田 孝資KOSUKE IKEDA
池田孝資
当社は2021年10月に、おかげさまで創業100年を迎えました。
これまで、多大なるご支援やご協力を賜りましたお客様、お取引先様をはじめ、すべてのステークホルダーの皆様に、心から感謝を申し上げます。

当社は1921年に北海道小樽の地で、食品の缶詰用空缶を製造する会社として設立して以来、充填事業や機械製作事業などに事業領域を拡げながら、インドネシアやベトナム等への海外展開もおこない、今日まで成長を遂げてまいりました。
これまで、お客様からの様々なご要望に対して真摯に向き合い、受け継いできた「ものづくり力」を活かした製品やサービスでお応えをしてきたことにより、この100年の歴史を積み重ねることが出来たものと考えております。
現在のコロナ禍の状況への対応も含め、変化し続ける事業環境に俊敏に適応しながら、お客様からのニーズにお応え続けることで、これからも活力と存在感のある企業として持続的な進化と発展を目指してまいります。

この100周年という節目を迎えるにあたり、当社グループでは時代の変化に適応していくことを目的として、経営理念体系を刷新いたしました。
創業の精神を継承したうえで新たな「経営理念」を制定し、同時に「ビジョン」「全社戦略」、そして「サステナビリティ基本方針」の策定をおこない、我々の存在意義や使命など、これからの会社としての在り方を明らかにしました。
今後は、この価値観と指針をあらゆる事業活動の基底としたうえで、様々な社会的課題と向き合いながら各事業分野においての更なる成長をはかり、中長期的な企業価値の向上を実現してまいります。

皆様におかれましては、これからもなお一層のご支援ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
ホッカンホールディングス株式会社
代表取締役社長池田孝資

PHILOSOPHY
経営理念

開拓者精神をもって、
成長のために飽くなき
挑戦をし続け、
お客様とともに、
社会から必要とされる
製品を提供していく。
2021年10月23日、当社は創立100周年を迎えました。
北海道・小樽の地に誕生してから100年に亘り事業を営んで参りましたが、次の100年を始めるにあたり、
我々自身の使命をより明確に表した経営理念であるべきとの想いから、この度、刷新を決定いたしました。
当社グループ100年の歴史を振り返り、我々自身がどのような存在であったか、
そして、この先、どのような存在であるべきか、その想いを込め策定しております。

開拓者精神とは何か?自発性と創造性をもって、新しいものづくりに勇猛果敢に立ち向かっていく精神だと捉えております。
Group Mission(English)

OUR VISION
ビジョン

01 我々は、お取引先様から、また社会から強く必要とされる存在であるため、常に社会的責任を明確にするとともに、各事業分野において「この点がNo.1」と言いきれる明確な特長を持った製品サービスを開発、提供します。
02 我々の製品、サービスを世界中の人々へ提供できるよう、新たな事業拠点の設立を積極的に進めてまいります。
03我々は国籍、性別、年齢に関係なく、事業に貢献する人を正当に評価する、フェアな企業集団であり続けます。
Group Vision(English)

MANAGEMENT PLAN
次期中期経営計画に関して

当初、前中期経営計画FUTURE-5(2016~20年度)の後を受け、新たな中期経営計画について公表を予定しておりましたが、 昨今のコロナ禍を受け、数値計画を含めた経営計画については、より慎重な検討が必要という結論に達しました。
この為、当初の想定よりも1年延期し、当社グループ次期中期経営計画は2022年5月の公表を予定しております。
これに先立ちまして、その経営計画の礎となる、経営理念、ビジョン、サステナビリティ基本方針、全社戦略を策定しておりますので、 各ページをご覧ください。

OUR STRATEGY
全社戦略

01
人的資源の最適化
成長の源泉である人的資源を最適化するために、適切な人事制度、教育制度の確立と、価値創出に貢献できる人材確保のための積極的な投資を行います。
02
国内事業の再編
稼ぐ力=お客様へ高い価値を提供できるか否かを最重要視し、事業の取捨選択に取り組みます。
03
海外事業の拡大
東南アジア諸国を中心とした新興国への事業投資をこれまで以上に加速させ、事業規模、利益の拡大を目指します。
04
新規事業開発
M&Aを積極的に活用し国内、海外問わず、当社グループの知見を活かし得る新たな事業領域へ進出してまいります。
経営理念およびビジョンの実現を目指すにあたり、サステナビリティ基本方針に
沿いながら、当社グループが一丸となり確実に実行していくべき方策として
全社戦略を策定しております。 Group Strategy(English)
全社戦略

COMPANY
会社情報

ホッカンホールディングス株式会社は、 容器事業、充填事業、機械製作事業の主要3事業の
子会社を傘下にもつホッカングループの純粋持株会社。
当社は、事業会社各社の本部機能(経営計画・財務・総務)を担うとともに、グループ企業との連携を図ります。

会社概要COMPANY PROFILE

商号
ホッカンホールディングス株式会社
代表者
代表取締役社長 池田孝資
創業
1921年10月23日
資本金
110億86百万円
事業内容
次の事業を営む会社およびこれに相当する事業を営む外国会社の株式を所有することによる
当該会社の事業活動の支配・管理など。
(1) 容器事業
(2) 充填事業
(3) 機械製作事業
(4) その他 (詳細は下記をご覧ください)
株式
東証一部・札証
所在地
東京都千代田区丸の内2-2-2 丸の内三井ビル

役員OFFICER

取締役会長
工藤 常史
代表取締役
取締役社長
池田 孝資
代表取締役
北海製罐株式会社代表取締役社長
株式会社日本キャンパック代表取締役社長
取締役常務執行役員
佐藤 泰祐
オーエスマシナリー株式会社代表取締役社長
取締役常務執行役員
多田 秀明
取締役執行役員
武田 卓也
総務部、人事部担当兼総務部長
株式会社ワーク・サービス代表取締役社長
取締役執行役員
砂廣 俊明
経理部、経営企画部担当
取締役(社外)
藤田 晶子
明治学院大学教授
取締役(社外)
耕田 一英
公認会計士
取締役(社外)
渡邉 敦子
渡邉綜合法律事務所 代表
常勤監査役
竹田 由里
監查役
渡辺 基樹
監查役(社外)
田代 宏樹
田代法律事務所所長
監查役(社外)
鈴木 徹也
鈴木税理士事務所所長
常務執行役員
宇田川 誠
サステナビリティ推進部担当兼
サステナビリティ推進部長
執行役員
日原 久光
情報システム部担当
執行役員
岡﨑 登
人事部長
執行役員
細澤 将平
PT. HOKKAN DELTAPACK INDUSTRI 代表取締役副社長

GROUP COMPANY
グループ概要

北海製罐株式会社北海製罐株式会社
食料品、飲料用などの空缶、PETボトルなどのプラスチック容器の開発、生産、販売などを幅広く行っています。
株式会社日本キャンパック株式会社日本キャンパック
大手ブランドオーナー様の飲料を空缶やPETボトルに充填する受託充填事業です。 調合から物流までを請け負う総合力をもっています。
オーエスマシナリー株式会社オーエスマシナリー株式会社
超精密度の金型から製造機械、総合一般の製造ラインまで提供する機械メーカーです。

HISTORY
沿革

ホッカンホールディングスの歩み
設立から上場。小さなカニ缶工場からのスタート
1921年(大正10年)
小樽市に資本金100万円にて北海製罐倉庫(株)を設立、缶詰用空缶の製造、販売並びに倉庫業を開始
1931年(昭和6年)
小樽に新工場設置
1941年(昭和16年)
製缶業者8社大合同により新たに東洋製罐(株)設立、その小樽工場として操業継続
1948年(昭和23年)
東洋製罐(株)が過度経済力集中排除法に基づき経済力集中企業に指定される
1950年(昭和25年)
企業再建整備計画に基づき東洋製罐(株)小樽工場およびその付属設備を分離し、資本金5000万円にて北海製罐(株)(現 ホッカンホールディングス(株))を設立、本社を東京に設置
昭和製器(株)(現 連結子会社)設立
東京証券取引所に株式上場
グループ拡大。社会の公器としての成熟
1951年(昭和26年)
札幌証券取引所に株式上場
1955年(昭和30年)
大阪証券取引所(2013年(平成25年)東京証券取引所と統合)に株式上場
1960年(昭和35年)
日東製器(株)設立
※2021年7月1日付で北海製罐(株)を存続会社とする吸収合併により消滅
1961年(昭和36年)
東都成型(株) (現 連結子会社)に資本参加
1971年(昭和46年)
中央研究所設置
岩槻工場設置
1973年(昭和48年)
(株)日本キャンパック(現 連結子会社)設立、缶詰飲料の受託充填事業を開始
1974年(昭和49年)
(株)小樽製作所(現 オーエスマシナリー(株)  現 連結子会社)設立
1979年(昭和54年)
館林工場(現 岩槻工場館林事業所)設置
1985年(昭和60年)
(株)ワーク・サービス設立
1988年(昭和63年)
日本たばこ産業(株)と共同出資にて飲料充填を目的とした(株)ジェイティキャニング(旧 西日本キャンパック)を設立
※2021年7月1日付で(株)日本キャンパックを存続会社とする吸収合併により消滅
1989年(平成元年)
千代田工場設置
1993年(平成5年)
滋賀工場(現 千代田工場滋賀事業所)設置
逸早く世界へ。そして創業100年へ。
1996年(平成8年)
(株)日本キャンパックが合弁により
NIHON CANPACK(MALASIA)SDN.BHD.(現 持分法適用関連会社)設立
2005年(平成17年)
新設分割により北海製罐(株)(現 連結子会社)を設立。
当社は商号をホッカンホールディングス(株)に変更し純粋持株会社へ移行
三菱マテリアル(株)と共同で飲料用アルミ缶製造販売会社ユニバーサル製缶(株)
(現 持分法適用関連会社)を設立
2007年(平成19年)
(株)日本キャンパックが合弁によりKian Joo Canpack(Vietnam)Co.,Ltd.
(現 NIHON CANPAK(VIETNAM)Co.,Ltd. 現 連結子会社)設立
2011年(平成23年)
北海製罐(株)がPT.HOKKAN INDONESIA(現 連結子会社、
2019年株式の一部を譲渡したことにより、(株)日本キャンパックが親会社となる)設立
2012年(平成24年)
オーエスマシナリー(株)が合弁によりKE・OSマシナリー(株)を設立
2013年(平成25年)
北海製罐(株)が(株)コスメサイエンス(現 連結子会社)の株式を取得
2014年(平成26年)
(株)日本キャンパックがくじらい乳業(株)(現 連結子会社)に資本参加
2018年(平成30年)
PT.HOKKAN DELTAPACK INDUSTRI(現 連結子会社)設立
2021年(令和3年)
(株)日本キャンパックが(株)真喜食品(現 連結子会社)の株式を取得
IR情報INVESTOR RELATIONS
MORE
採用情報RECRUIT
MORE