株式会社真喜食品株式会社真喜食品

MAKI SYOKUHIN株式会社真喜食品

SCROLL
充填事業

株式会社真喜食品

食品で健康を人生に喜びを

メッセージ画像1
1977年に新潟県に設立した真喜食品。スープ等を製造する食品製造販売会社として事業を開始し、近年では健康食品分野へ進出するなど事業領域を拡大しておりましたが、2021年に株式会社日本キャンパックの子会社になり、新たなスタートを切りました。両社お互いの製造販売に関する知見を活かした形で食品分野における更なる事業拡大を目指してまいります。
メッセージ画像2
株式会社真喜食品では、美味しい食材のベースとなる、各種スープ・タレ・ソースなどとともに、健康補助食品の設計・開発から量産まで一貫して製品を提供しています。日本で数機しかないTパウチ包装機をはじめ、合計14機の包装設備を所持しております。

会社概要COMPANY

商号
株式会社真喜食品
代表者
代表取締役社長 筒井 秀和
設立
1977年4月30日
資本金
1,000万円
事業所
新潟県新潟市東区津島屋3丁目227-4

業務内容BUSINESS

小袋スープ製造
惣菜製造
清涼飲料水製造 ※佐渡・海洋深層水理活水組合加入
菓子製造

沿革HISTORY

1977年(昭和52年)
有限会社真喜食品を設立
1994年(平成6年)
現住所に本社社屋と新工場設立
1996年(平成8年)
4月
資本金を増資 株式会社真喜食品となる
9月
高温滅菌機(プレートヒーター)を導入 日阪製作所製
11月
パイプ式高温滅菌機導入(粘性スープ殺菌)BM昌和製
1997年(平成9年)
三光高速小袋充填機導入(時間20000パック)FR1
1999年(平成11年)
三光高速小袋充填機導入(時間20000パック)FR1L
2000年(平成12年)
三光高速小袋充填機導入(時間20000パック)FR01
2001年(平成13年)
オリヒロスタンドパック充填機導入(ロールフィルムをスタンドパックに)
2004年(平成16年)
大成ダンガン導入(時間20000パック)
2005年(平成17年)
梶原クッキングミキサー2台導入 600L
大成ダンガン導入(時間20000パック)
2006年(平成18年)
受発注コンピューターシステム導入
2012年(平成24年)
梶原クッキングミキサー2台導入 360L・1000L
2013年(平成25年)
大成ダンガン導入(時間20000パック)
新工場を隣の敷地に増設
2015年(平成27年)
大成ダンガン(アストロン)導入(時間10000パック)
大成ダンガンG(大容量タイプ)導入(時間20000パック)
2016年(平成28年)
ユーキVPM6E導入(背張り三包大袋1kgまで)
三光小袋充填機導入(時間20000パック)FR3超音波シール導入
2017年(平成29年)
オリヒロVH100(Tパウチ包装機)導入
大成ダンガンMARK2を2台導入(時間20000パック×2)
梶原クッキングミキサー1500L導入
2021年(令和3年)
ONPACA13000US(オリヒロ Tパウチ)導入
IR情報INVESTOR RELATIONS
MORE
採用情報RECRUIT
MORE