サステナビリティサステナビリティ

SUSTAINABILITYサステナビリティ

SCROLL
サステナビリティレポート取り組み基本方針その他の方針
グループで一丸となり、
持続可能な社会に
貢献します
私たちホッカングループは、各事業分野において成長を続けるために、その活動が環境・社会と調和する、持続可能なものでなければならないことを強く認識しています。これを実現するために、事業活動において直接的・間接的に関わる様々な社会課題の解決に向けて積極的に取り組んでいます。

SUSTAINABILITY REPORT
サステナビリティ
レポート

発電量 (千kWh) 太陽光 バイオガス コージェネレーションシステム ※1
取水量 (千t)
サプライチェーン排出量(Scope1.2.3) Scope2 Scope1.2計 Scope3

※1 北海製罐+日本キャンパック
※2 日本キャンパック
※3 北海製罐+日本キャンパック+オーエスマシナリー

環境データ
社会データ
ガバナンスデータ
No. 項目 会社区分  
2020 2019 2018
1 発電量
(千kWh)
太陽光 北海製罐 58 59 58
日本キャンパック 2,322 2,365 2,451
バイオガス 日本キャンパック 940 1,235 1,375
コージェネレーション
システム
日本キャンパック 96,887 118,913 133,874
2 エネルギー使用量(千GJ) 北海製罐 1,388 1.576 1,611
日本キャンパック 1,806 2,007 2,080
オーエスマシナリー 15 15 16
3 取水量(千t) 北海製罐 256 276 296
日本キャンパック 8,219 8,852 9,239
オーエスマシナリー 1 3 2
4 GHG排出量(千t-CO2eq) 北海製罐 Scope 1 8 10 13
Scope 2 56 65 68
Scope 1.2 65 76 81
日本キャンパック Scope 1 79 94 97
Scope 2 10 7 6
Scope 1.2 89 101 103
オーエスマシナリー Scope 1 0.2 0.2 0.1
Scope 2 0.8 0.9 0.9
Scope 1.2 1.0 1.0 1.1
5 廃棄物発生量 総発生量(t) 北海製罐 11,252 12,153 12,701
日本キャンパック 44,870 54,800 54,079
オーエスマシナリー 30 43 54
リサイクル率(%) 北海製罐 99.1 99.7 99.7
日本キャンパック 99.7 99.8 99.8
オーエスマシナリー 69.2 74.2 81.1
6 PRTR法対象化学物質 排出量(t)
(うち大気へ排出量)
北海製罐 37(37) 49(49) 54(54)
日本キャンパック ―(―) ―(―) ―(―)
オーエスマシナリー ―(―) ―(―) ―(―)
移動量(t) 北海製罐 32 26 30
日本キャンパック
オーエスマシナリー
数値は特に断りのない限り年度合計

ACTIVITY
取り組み

コージェネレーションシステム

コージェネレーションシステム

脱炭素社会に向けて取り入れられた天然ガス・石油・LPガス等を燃料として発電し、発電時の廃熱も同時に回収するコージェネレーションシステム。本システムは社会的にも評価をいただき、「コージェネ大賞2017」にて、産業用部門の最高賞である理事長賞を受賞しました。
バイプロ棟

バイプロ棟

日本キャンパックの飲料製造工程で発生する副産物を、グレンカル・シナリー社のレドックスマスター乾燥機を利用し、再資源化を実現。バイオマスプラスチックや家畜用飼料等に向けた原料を製造しています。
バイオガス

バイオガス

飲料製造工程で排出される生産粕(コーヒー粕・穀物茶粕)や脱水汚泥等を利用し、再生可能エネルギーであるバイオガスを生成。バイオガスは発電、発酵タンク加温に使用する温水に再利用されます。
太陽光発電

太陽光発電

北海製罐では中央研究所屋上に、日本キャンパックでは物流倉庫の屋根と利根川工場の屋根・敷地内に太陽光パネルを設置。それぞれ自家消費に活用するとともに、余剰が発生した場合は電力を売却することで、自然エネルギー活用を推進しています。

SUSTAINABILITY POLICY
サステナビリティ基本方針

サステナビリティ基本方針
労働者の権利を含む人権を尊重し、差別・ハラスメントを許しません
役職員の安全および健康を確保し、働きがいのある会社を目指します
法令を遵守し、公正取引・腐敗防止、反社会的勢力の排除に取り組みます
持続可能な地球環境の実現に向けて取り組みます
顧客満足度の高い製品・サービスを開発し、製品安全および品質の確保に努めます
情報資産の管理・活用を徹底し、適正な開示を行います
地域社会と調和し、社会の幸福に資する活動に取り組みます
ステークホルダーと真摯に対話し、活動状況を監督します

解説COMMENTARY

私たちは労働者の権利を含む人権を尊重し、差別・ハラスメントを許しません

事業活動を行う全ての国・地域において人権を尊重し、事業活動において関与し得る人権への負の影響を見過ごすことなく、その是正に向けて適切に行動します。人種・性別・障がいの有無その他事由を問わず差別、ハラスメントおよび非人道的な取り扱いをせず、これらを許しません。
また、結社の自由と団体交渉を含む労働者の権利を尊重し、人身売買を含むあらゆる種類の現代奴隷を許さず、強制労働、児童労働その他あらゆる人権を侵害する形態の労働をさせません。

私たちは役職員の安全および健康を確保し、働きがいのある会社を目指します

多様性のある役職員は会社にとってかけがえのない財産であり、役職員の安全確保、心身の健康維持・増進およびワーク・ライフ・バランスに配慮し、各々のライフイベントへ柔軟に対応しながら、その成長を全面的に支援します。そのために、事業活動を行う国・地域の法令に定める以上の賃金、公正な人事評価・処遇制度および安全で衛生的かつ働きやすく健康的な職場環境を整備します。

私たちは法令を遵守し、公正取引・腐敗防止、反社会的勢力の排除に取り組みます

事業活動を行う全ての国・地域の法令・規制を遵守し、高い倫理観をもって行動します。取引に当たっては公正を旨としてカルテル・談合等の競争制限は断固として拒絶し、贈収賄その他あらゆる種類の汚職・腐敗に関与しません。また、反社会的勢力とは一切の関係を持たず、利益供与は一切行いません。不当な要求に対しては断固たる態度で臨みます。

私たちは持続可能な地球環境の実現に向けて取り組みます

事業活動を行う全ての国・地域の環境法令・規制を遵守するとともに、バリューチェーンのあらゆる段階で地球環境と調和した活動に取り組みます。特に気候変動問題への対応や資源の持続可能な利用、汚染防止および環境保全に取り組んでいきます。

私たちは顧客満足度の高い製品・サービスを開発し、製品安全および品質の確保に努めます

様々な社会的課題や消費者課題と向き合い、顧客満足度が高く社会的に有用で安全な製品・サービスを開発いたします。また、それら製品・サービスを安定的に供給し、社会から信頼される企業を目指します。

私たちは情報資産の管理・活用を徹底し、適正な開示を行います

情報資産の機密性・完全性・可用性の確保・向上に努める等適切な管理を徹底するとともに、競争力向上のためにその活用を図ります。また、公正で透明性の高い企業情報の開示を行います。

私たちは地域社会と調和し、社会の幸福に資する活動に取り組みます

地域とのコミュニケーションを積極的に行い、地域社会と調和し、地域住民をはじめ社会の幸福に資する活動に取り組むことで、地域にあって役職員であることに誇りを持てるグループであることを目指します。

私たちはステークホルダーと真摯に対話し、活動状況を監督します

ステークホルダーとの真摯な対話を通じて、持続可能な社会の実現に必要な社会的課題の把握に努めます。また、事業活動にかかわる取引関係者に対しても、本方針および様々な社会的課題の解決に向けた取り組みへの理解と協力を求めます。目標の設定や取り組みの状況については取締役会が監督し、適切に開示します。

IR情報INVESTOR RELATIONS
MORE
採用情報RECRUIT
MORE